無料で学んで見る確認する

本から知識を学ぶ(本を読む事が目的ではない。知識を増やし自己成長する事が目的)

目次

皆さん勉強していますか?


この問いに即「はい」と答えられる人がどれだけいるでしょうか?

勉強と言えば学生がするもの。
その様に思われている方も多いかと思います。

会社員になってからは、全く勉強しなくなった。
こんな方も多くいます。

でも、学びは一生ものです。
大人になってからも勉強する事で回りと差が付き出世であったり収入が増えます。

大きな収入を得ている方の多くは大人になってからも勉強を続けています。
今からでも遅くはありません。

勉強しましょう。
そんな事で本で得た知識を今後は記事にして紹介して行きます。

本は小さな投資で大きなリターンを得る事ができるツールです。

成功している人の多くは本を読んでいる。
こんな事を聞くことも多いでしょう。

なぜ、本を読むのでしょうか?
それは、自分の求めている知識を得る為に行います。

本を読む事が苦手。
こんな人も多くいると思います。

嫌々本を読んでも苦痛でしかありません。
自分がなぜ本を読むのが嫌いなのか?

これをしっかりと考えて見る事が重要です。

  • 活字を見るだけで嫌になる。
  • 読むのに時間が掛かる。
  • 直ぐに集中が途切れてしまう。
  • 三日坊主で読まなくなる。
  • 本を買うのは良いけど読まずに終わる。

この様に様々理由はあるかと思います。
でも、この様な苦手意識から本を読まない事は非常に勿体ない事です。

本を読む事で良い結果を得た経験が無いからこの様な事になっているかもしれません。
本を読む事で当たり前ですが、知識が増えます。

良く言われる事ですが、何か知りたい事があれば関連する書籍を10冊も読めば大まかな事は理解できる。
この様な事も良く言われています。

例えば、整理整頓の方法を知りたい。
この様な場合も整理整頓の本を10冊程度読む事で整理整頓術的な事は理解できます。

先ずは、この様な読んで直ぐに実践可能な本を選ぶ事で本の良さが理解できるかと思います。
本を読むのは苦痛ではなく、自分を成長させる為に読む。

自分の知識レベルが上がって嬉しくない人はいないかと思います。
本に書かれている事は、全てが正しい訳ではありません。

その為に何冊も読む事も必要です。
同じ知識であれば、同じ様な事が何冊にも書かれている。

この様な場合は、信用できるな。
これは本当なんだな。

って分かる様になって来ます。
著者が違うのに同じ事を言っている訳です。

ここの部分は本当に重要なんだって。
この様に本を読む事に慣れてくると様々自分でコツを掴めるようになってきます。

本によっては、こんなに成長できた。
安過ぎだろ。

こんな事もあり得ます。
是非、本を毛嫌いしないで読んで見て下さいね。

本は全てのページを読む必要はない。

本を読む事が苦手な方の中に多いのが、
本は最初から最後まで読まなければならない。

この様に考えている方がいます。
確かに間違ってはいないのですが、これが原因で読めないのであれば是非飛ばし読みして見て下さい。

目次を見て「ピンッ」と来たもの。
ココだけを読む。

先ずは、これをやって見て下さい。

本を全て読んでも全ての事が役に立つ訳ではありません。
本から1個でも2個でも自分の知識向上に役に立てば儲けもんなんです。

それを手っ取り早く得る方法が目次から読む場所を選ぶです。
本を販売する側も読みやすい様に目次分けしてくれています。

本を出すからには売れて欲しい。
これは、自分が本を出すと考えた時もそうかと思います。

自分が書いた本を読んで欲しい。
目次分けして読みやすい様に工夫しますよね。

だから、目次を見て自分の欲している知識がありそうな箇所を読む。
そして、想像と違えば全て読まずにまた目次を見て次に読むものを選ぶ。

この様に本を読む事で時短にも繋がり自分の得たい情報だけをピックアップできます。
1つの項目であれば読む事の苦痛も大分和らぐと思っています。

是非、やって見て下さい。

毎日時間を決めて読書する。

本を読むのも習慣化する事が大切です。
本を読もう読もう。

この様に考えると一気に重くなり、もう少し経ったら読もう。
そして、そのまま読まずに終わってしまった。

こんな事は良くある話です。

人間、好きでもない事を進んでやる様にはできていません。

YOUTUBE動画を見る。
この様な事は、好きだから毎日何も言われてなくても見ます。

そして、習慣化されて行く。
確かにYOUTUBE動画も学びにはなります。

ですが、本を自ら読む事で得られる知識はそれ以上に多くあります。

だから、最初は時間を決めて読みましょう。
おススメとしては、夜の寝る前の10分間は本を読む。

本を読んでいて寝てしまったらその本の内容は自分には興味が無かったって事です。
本を読んで10分で止まらない位読んでしまった。

この様な場合は、自分が必要としてる知識とも考えられます。
毎日10分間も時間を取れない多忙な強者は早々いません。

10分間程度は大多数の方が確保できる時間です。
是非、寝る前の10分を毎日の読書習慣にしましょう。

アマゾンの読み放題を利用する。

今は本当に良い時代になりました。
アマゾンでは、読み放題プランがあります。

なんと読める本は200万冊。
これだけあれば自分の知識向上に役立つ本が無い訳がありません。

本を1冊1冊買っていては、安いとは言え大きな出費にもなってきます。
しかも自分には必要ない本であった場合は少額とは言え痛いのは事実です。

なので、アマゾンの読み放題を是非活用しましょう。

無料となれば、それこそ自分の必要な部分だけ読んで次の本。
また必要な部分だけ読んで次の本。

この様な贅沢な読み方ができます。

ダウンロードして少し読んで必要ないから削除。
こんな事ができてしまいます。

その様な事をしてもお金は一切掛かりません。
是非、贅沢読みして自分の欲しい知識だけを効率良く吸収しましょう。

読むのが本当に苦痛。

活字を見るだけで本当に無理。
この様な人も中にはいます。

そんな時は、音声読み上げ機能を利用して音声で聴きましょう。

「kindle 読み上げ」

この様に検索すれば、方法は沢山載っています。
パソコンでもiphoneでもアンドロイドでも。

この様に自分で読まなくても音声を聴きながら本を眺めても良いし。
本当に活字を見たくないなら音声だけ聞いても良いでしょう。

一度やって見ると苦痛が和らぐかと思います。

本を読む事は自分の為になるから読む。

本を読む事が偉いから読むのではありません。
読んで得た知識を実践し生活を便利にしたり、仕事に役だったり、会話になったり
自分自身を成長させる為に読みます。

本を何冊読んだから偉い。
こんな事はない訳で、如何に自分の知識が向上し活用できたのか?

こっちの方が重要だと思っています。

数冊読むだけでも多くの知識を得られる場合もあります。
本当に人生が変わる様な本に出合う事もあります。

是非、自分自身の成長の為の良いツールであると理解し活用して行きましょう。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次