無料で学んで見る確認する

kajabi(カジャビ)で日本語に変更した方が良い箇所を解説

kajabi(カジャビ)は米国のオンラインコース作成サービスです。
setting⇒site detailsの言語より以下の画像の様に日本語を選択する事はできます。

ですが、管理画面を見てみると。。

そうなんです。
kajabi(カジャビ)では日本語を選択できたとしても日本語されている部分が無いに等しいのです。

では、使えないじゃんと思うかもしれませんが、英語の部分を日本語に変更できますので問題はありません。
全部を日本語にできるかと言えば数か所は無理程度で、ほぼ日本語に変更できます。

その為、日本でオンライン講座を作成できないのでないか?
その様な事は思わないで大丈夫です。

受講生が英語で不便に感じる事はない位、日本語化できます。

今から一緒に設定して行きましょう。
これを見ながら設定する事で日本語にどんどん変換できますので問題ない事を理解できるかと思います。

それでは一緒に設定して行きましょう。

ここまでは、初期に説明した通り、設定してもどこが日本語化になっているのか分からない程度のものです。
ですが、Japaneseを選択しておきましょう。

目次

WEBサイトを日本語して行きましょう。

Loginの日本語化

カスタマイズから変更して行く。

これでログインページの日本語化は終わりです。
パスワードを変更する為にメールアドレスを入れると顧客にメールが届きます。

届くメールは日本語化されています。
文章は変更できません。

多少、変な日本語箇所もありますが、内容は理解できるので問題ないでしょう。
次に進みましょう。

HOMEの日本語化

HOMEで日本語化する部分はここだけで大丈夫です。
次に行きましょう。

Store、aboutの日本語化

ここでは選んだテーマにより違いはありますが、全て英語になっていますので本文を日本語化しましょう。

Blog Searchを日本語化して行きましょう。

ここでも、本文の日本語化はするとして、検索バーの部分を日本語化した方が良いですね。

Announcementsを日本語化して行きましょう。

この様に日本語化して行きましょう。

Member Directoryを日本語化して行きましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次