無料で学んで見る確認する

【使い方完全解説】ブログなどで解説画像を簡単に作成できる。スクリーンショット拡張機能(awesomescreenshot オウサムスクリーンショット)

ブログ記事などで解説記事を書いている際に画像で説明したい時ってありますよね。

今の時代は、動画で解説すれば良い。
これも確かに一理あります。

百聞は一見に如かずですからね。
ですが、動画は見ない。記事を読む人。

この様な方もいます。

それだったら両方やった方が良い。
ってな事で、簡単に画面をスクリーンショットして解説を入れられる便利な拡張機能を紹介して行きます。

今回紹介するGoogleの拡張機能となります。
何と言っても無料そして簡単、誰でもすぐに慣れて使用できるし見た目も良い。

何でもそうですが、シンプルに使用できて満足度が高い。
これに尽きます。

動画でも解説していますので確認して見て下さいね。

目次

Googleの拡張機能(awesomescreenshot オウサムスクリーンショット)スクリーンショットを理解しよう

動画で簡単に説明しています。
これを見た方が早いので可能であれば確認して見て下さいね。

どうでしたか?
簡単でしょ?

利用して見たくなったと言う方は以下のボタンよりページに飛んで拡張機能を追加して下さいね。


今までの自分は、一回スクリーンショットを取ってそれから画像編集ソフトを開いて変更などしていました。

これでも確かにできるんですが、手間なんですよね。
1回で済むのと2回の工程を踏む。

この差は大きいです。

たまに作るのであれば良いのですが、
何度も連続で作成する。

そんな時は、億劫になってきます。

これであれば簡単に作成できるかと思います。

画像で解説してあげると分かり易くなり読者にも親切です。
作成者側としては、動画でサクッと解説した方が早いんですが。。。

手間を掛けてブログを作成するからこそ後にアクセスが呼べる記事にもなる。
この様に考えて手間を惜しまず読者ファーストで記事を書いて行きましょう。

Googleの拡張機能(awesomescreenshot オウサムスクリーンショット)スクリーンショットの使い方

スクリーンショットが取れるツールの様なものは多数あります。
ですが、awesomescreenshotの良い点は、スクリーンショットを取ってその場で加工できること。

これが非常に便利。

通常での流れとしては、
①スクリーンショットを撮る
②画像編集ソフト、サイトを開く
③画像を編集する。

awesomescreenshotの場合は、
①スクリーンショットを撮り、そのまま編集して完成する。

この手間の削減が本当に大きい。
これを一回使用して見れば快適に作業できると思います。

是非、やり方を理解して使ってみよう。

操作方法も簡単なので見て行こう。

スクリーンショットを撮ろう

拡張機能をピン止めしておくとクリックした際にこの画面が開く。

上部に「表示部分」「フルページ」「選択範囲」と3つ用意されている。

表示部分は、今開いているページをそのままスクリーンショットできる。
フルページは、画面には映っていない下までスクリーンショットできる。
選択範囲は、マウスで必要な部分を囲いその部分のみスクリーンショットできる。

分かり易い様に同じページで3種類スクリーンショットしてみました。

表示部分

表示部分でスクリーンショット

フルページ

フルスクリーンでスクリーンショット

選択範囲

選択範囲でスクリーンショット

この様に同じページでも様々取得方法により自由に切り抜きが可能となっている。

撮影後にできる事を見ていこう

撮影後は右側に直ぐに編集できる機能が表示される

撮影が終わると編集機能が表示されている。
ここで直ぐに編集も可能となる。

簡単な編集であればここでも良いかもしれない。
でも、自分的にここで編集すると編集できる機能が少ない様に感じる。

その為、ここでは編集せずに一回保存して次の画面にて編集した方が良いと思う。

保存が終わると画面が切り替わる。

画像保存を押すと次の画面に表示される

この画面の中にAnnotate(注釈)という部分があるのでそこをクリック。

編集画面


編集画面が開くのでここから編集して行く。
編集方法は以下の画像箇所から選択できる。

編集できる機能を見て行こう

ここから選んで編集が可能。
Resize(画像のリサイズ)ができる
ここで画像サイズも変更できる。ブログで使う分には何もしなくても良い。
クロップ(切り抜き)する
スクリーンショットした部分から更に切り抜きする事ができる。
pen(ペン)で手書き風にできる。
マウス操作などで簡単にペン書きができる。
色の変更、太さ調整も可能。
highlighter(蛍光ペン)
ペンと同じ様にマウス操作で蛍光ペンの様に書ける。
色の変更、太さ調整も可能。
rectangle(囲み枠が作れる)
長方形で囲ったり、丸で書こう事もできる。
色の変更、太さ調整も可能。
Text(テキスト)
テキストの初期も変更可能ですが、日本語には対応していませんでした。英語であれば初期が変わります。
その他として、文字背景の色を付けたり、影を付けたり、文字の大きさも変更できます。
左から文字の書体変更、文字の大きさ変更、色変更、文字の色の変更、背景色を付けるつけない背景色は文字色で変わる、影を付ける付けない、など様々変更できる。
blur(ぼかしを入れる)
ぼかしを入れる事ができる。
見せたくない部分などは、範囲選択する事でぼかす事ができる。
ここは有料プランの方のみ使用できる。

①吹き出しを入れる
②ステップを入れる
③ステッカーを入れる
④画像を挿入する。
これらが有料プランでは可能となる。

スタンプを導入できる。
画像をアップロードし表示できる。

画像をアップロードして入れられるが、配置に制限がある。
左上、真ん中、右側など。
自由には配置できない。

ロゴマークを左上に入れたい場合位しか使い道は少ない。

挿入した画像は、拡大、縮小、不透明度の変更ができる。
画像をアップロードして挿入などができる。
ブラウザーを表示できる。
画像の周りにブラウザーイメージ画像が入る。

画像取得サイトのURLを表示する、しないも選択できる。
また撮影日時も入れる事も可能。

また、取得した画像に枠を入れる事も可能。
ブラウザーの様な画像にもできる。
画像全体に枠を入れる事も可能。
枠の色、太さの調整も可能。
画面の拡大などもできる。

より正確に編集したい。
細かく編集したい場合は、拡大すると正確な作業もし易い。

戻る、先に進む、一括削除、指定削除もできる。

作業で間違えた場合は、戻る事もできる。
画像の戻るボタンでも良いしcontrolキー+Zでも戻れる。

全て一括して削除や、選択した部分のみ削除もできる。
クリアーを押せば一括削除
消しゴムを押せば選択したもののみ削除できる。

Googleの拡張機能(awesomescreenshot オウサムスクリーンショット)スクリーンショットのまとめ

どうでしたか?
この様な解説画像を作成するには非常に便利な拡張機能かと思います。

先ずは、やって見て下さい。
簡単に綺麗な編集が可能である事に気付くと思います。

有料にしたい方はして見て使い倒すも良いし、無料でも十分な機能があるので感謝しながら使用しましょう。

この様な便利な拡張機能などはまだまだありますので随時紹介して行きますね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次